タクシードライバーを見たんだよ。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜日の朝、5時頃からタクシードライバーを見たんだ。

何回か見たことがあるっていうか、挑戦したことがあるんだけど。
ちゃんと見たことがなくて。
で、やっと最後まで見ることができたんだ。

アメリカの匂いってこういうもんだなー

ニューヨークが舞台なんだよね。
当然ながらこの時代のアメリカには行ったことがないんだが。
こういう匂いってかっこいいよねってイメージはある。
僕はスコセッシと言えばラスト・ワルツなんだけど。
映画の色も当然かもしれないけど似た感じ。

ある側面、アメリカってやっぱりかっこいいなって思う部分はある。
ま、それは世界どこでもだろうけどね。

正しいことを追いたい。でも苦しいのもわかる。

自分にとって正しいことが世の中で正しい訳でもなく。
ただそういう気持ちが自分を苦しめることってよくあること。
今の自分に置き換えてもそういう気持ちはいっぱいある。
でも皆そんなに文句も言わず頑張っている。

さて、それが人としてどうか、無理していないか?って思うんだけどね。

やっぱりこういうイライラはわかるなーって思った。

もしかしたら今の自分の精神状態だから、なんとなく理解しやすい映画だったのかもしれないな。

幼い子供と一緒に見る映画ではないことは確かだ

もちろん、幼い子供が面白い!って思える要素もあんまりないんだけどね。
ちょっと過激かも。妻にも勧められないかなー。

ロバート・デ・ニーロ

僕は未来世紀ブラジルのデニーロってかっこいいなって思ってたんだけど。
この映画のデニーロもかっこよかった。
有名な俳優さんだけど、僕があんまり映画を見ていないから知らないだけで。
いい俳優さんだなーって思った。

最後に。

映画監督それぞれにいろんな色があるんだよね。
スコセッシにはスコセッシ色があるんだろう。
wikiとかで調べてみると、あーこの映画もそうなんだ!って思ったり。いまさら。
次はゴッド・ファーザーⅡかな。

favoriteカテゴリの最新記事

movieカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.