あんまりいい気のしない「褒められ方」

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ちょっと人に言いたくてたまらないけど言えない事があって、もやっとした毎日です。

どんなことかって言うと、ま、もしかしたらある程度大人だったら仕事上「ま、そういうこともあるさ」程度のことかもしれません。
周りの人はそんな感じです。

ただ僕はとっても違和感を感じている。
どこまで真面目に考えるかなんだろうけど。

それは何かって言うと、「人の褒め方」なんです。
いや、実は褒めていないのに「褒めているかのごとき言葉」を使うっていうか。

あれって嫌だなって思います。お世辞ともちょっと違う。
お世辞ってなんか本当は綺麗じゃないですか。人にすこし喜んでもらえるし、実際「そっちの良い方向」に向かっている人に言いますよね。
でも僕が気になっているのは「特にあんたに興味ないよ」的な褒め方なんですよね。

そういうのをよく見ます。よく見る。
もちろん自分もそういうの言われる。

僕はそういうのが大嫌いだから露骨に嫌な顔をするんですが、その相手は大体「あ、しまったな」って顔をするんです。
じゃ、言うなって。

そういうのがコミュニケーションにおける円滑油だと思われると、ちょっと違うなって話。

だんだん人を信じるのが面倒になりますね。

コラムカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.