メールにイラっときた時の対処法

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

を知っている人は教えて下さい。

ま、でも。
なかなか教えてもらっても、その方法が自分に合うかどうかは別なんで。

じゃ、僕が今日頑張った方法を教えます。

イラッと来るメールには伏線がある

そもそも、たかが一回のやり取りでイラッと来るはずはありません。
大体が「何回かのやり取り」の元、イライラが募ってくるんだと思います。

最後に来たメールが最高にイラッときたんですが。
まずはやり取りをちゃんと見直します。
自分が何を言ったか。相手が何を言ったか。

そもそも何が問題なのか?

一回むかつきをメールの文面にしてみる

ま、でも。そんな何が問題かなんてほとんど関係なくなっていますよね。
だってイラッとしてるんだもん。
だからそのイライラを返信メールに書いてあげます。

どれだけ相手を傷つけてやろうか?なんか考えながら罵詈雑言を並べてみます。

で、読み返してみてます。

あー、俺はなんてくだらない事をしていたんだ。。。

実はイライラっとしたことに対して、すぐにイライラってしたことを返してもしょうが無いんですよね。
エスカレートするだけなんです。

僕の場合はこういう時は話すのが良いと思うんですが。
なかなか皆がそうでもないみたいですね。

あと、結構自分のことを棚に上げている場合もあります。正直あります。
僕が悪いんですってこと。

あとは、そもそも人ってそんなに悪いこと考えていないはずなんだよねってのを、どこまで考えられるかですね。

ってことで

やっぱり先に誤ったほうがいい場合が多いみたいです。

ちゃんちゃん。

コラムカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.