同意と信頼は違うんではないかと思った話

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日千葉にサーフィンに行ってきました。大学時代の友人と馬鹿な話をしながら波に揺られてとても気持ちよかったです。
前にも少し書いたと思うんだけど、その友人とは思想が結構違います。当然友人なので同じ部分も沢山有していますが。
でも僕は彼を信頼しています。

友人によるFacebookの投稿で少しクリアーになったんですが。
少し考えていたことなんだけど、意見はなかなかあわないものではないかな?と最近は考えています。
僕は絶対的に他人すべてを信じるなんてまだまだできないんですが、信頼している人でも意見はあわないことが多々あります。そんでもって意見が会わないことは普通であるし、それは大した問題では無いんじゃないかな?と思うわけです。
ここで言う意見っていうのは、その人を取り巻く現在の要因に左右されるわけで、利害が違う人間同士意見が合わないのは当たり前だし。
だからと言って信頼出来ないかというと全く別です。

僕は周りの大事な人たちを絶対的に信頼しています。いや、信頼できるように最近ようやくなってきたんだと思います。
意見の違いはちょっとしたことで、それは大概は時間が解決するものだと思いますし、いちいち言い負かすことの必要もないし、あえてその場で同意する必要もないかと。もちろん「なんで同意してくれないんだろう?」って思う時もあれば、ここはひとまず同意しておくべきだろうと言う瞬間はあります。大人の対応をするよう努力しています。

大人の対応が必要な時もあれば、しっかり反対することも時として必要でしょう。逆の立場の時もしかりです。
ただ、それは一時的な、限定的な瞬間の議論だったりするわけです。
僕にとってこういう時に便利なのが、「あーなるほど」の一言です。

前提として人は幸せを求めているはずですが、現在高度成長期なではないので、白物家電一式揃えて一戸建てを構えて、休日はうんちゃらなんてものを欲している人が大半ではないはずなんです。賃貸だっていいじゃない。
それでいて、いつの時代も大事なのは弱い人達を守ることだと思います。
そこで重要なのは過度の自分を弱い人側に持っていくことを避けることだと思っています。

自分が不幸だと思うかどうか。

決してこれが良い考えだとは思いませんし、他にももっといい方法はあると思いますが、比較することもありなのかと思います。
こうやって生きていけるだけで幸せだと思うことは、なかなか人生を豊かにしてくれるものです。

なかなか軸足をどこに据えるか難しいですが、目の前の事に、ある意味自分勝手に過ごす事が重要だと思うわけです。
迷惑はかけますが、いつかちゃんとこの迷惑を還元できればそれでよしかなと。

そんな日々を過ごしております。

コラムカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.