物語り風に考ると良いよ

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと大事なんじゃないかな?って思った話。

先日インプロの演劇について書いたんだけど、その事が頭の中にちょっと残っていて、なんであれがいいと思ったのか?を考えていたんだけど。

例えばプレゼンテーションする場面であるとか。まプレゼンじゃなくても良い、息子と過ごす時でも良い。

目の前の事についての説明って大抵面白くないし、意味が伝わりづらかったりするわけで、そういう時って「まずはこれってすっげ楽しいことにつながるんだよね」って事を説明した方が良いわけで。

で、その楽しいことを語るのはできても、目の前の事をちゃんとつなげて話せるかって話。結局物語を作れるかってこと。
物語をつくることで、良いことばかりじゃなく懸念される事柄も同時に思いつく。
そうすると、当然打開策を考えるわけで。
そこらへんまで考えた内容だと、やっと人に伝わるし人が乗ってくる。

物語を時間をかけて考えることも大事なんだけど、すぐに考えられる能力って大事なんじゃないかな。それってやっぱり鍛えるしかなくて、常々考えていることが重要なわけ。

得意不得意はあるかもしれないけど、演劇を通して学ぶ(鍛える?身につけるる?)ってのも良いかも。

って話。

コラムカテゴリの最新記事

ワークショップカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.