説明の仕方を考える

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく思うことなんですが。人に説明する時にどうやって説明するかってとても重要だなと思っています。
相手が1人の場合と複数いる場合ではまた違うんですが。

で、どうやって説明するかですが。
説明の前の準備が重要だなと思うわけです。
簡単に言うと、相手がどれくらいの知識を持っているかを確認するんです。ま、説明しながらもその点は注意します。

なんでかと言うと。
最近下手な説明をよく聞くんですよね。僕は知っていることを何回も言われたら困るし、相手もそうだと思うんです。結構これって時間の無駄。
ま、ある作業をする際に、わからないことって出てくると思うんです。でもある程度自分でやってもらった方が早く身につくと思うし、何より相手も気持ちよく作業ができると思うんです。

あと、日本人ってどうもネジの作り方を教えるけど、そのネジが何に使われるのか?どういう役割なのか?を説明しないと思うんです。

これってとても怖くて。

ネジの作り方だけ知っていればもしかしたらその時は簡単かもしれません。何も悩まずにそれだけやっていれば良い。でもそれって壁に突き当たると思うんです。てか、そうあってほしいっていう願望も含まれてます。

せっかくこれだけ教育を受ける環境が整っているんだから、もっと考える為の教育をしていったほうがいいんではないでしょうか?

なんのためにそれをしているかを知ることがとても大切だと思います。

ま、周りを見ていると「いいじゃん、これが仕事なんだから」って人を見受けられますが。
あまりにも悲しい現状ですよね。

なので、もっと頭を使って生きていけるような社会を望みます。

そんな説明をしていこうと思います。

コラムカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.