23年前、僕は心臓の手術をしました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月12日ってそういう記念日です。

最近大学の先輩が死にました。悲しいことです。

僕は23年前の手術によって、二十歳以降の苦しくなるであろうと想像できた生活を通常の生活ができるようにしてもらい、今まだ生きています。
生きていて嬉しいと思います。

知人の、それも歳の近い人だったり若い人だったりの死を知らされた時に、毎日の生活を振り返ります。
そして、申し訳ない気持ちになります。

人生って本当に短いんだろうなとも思います。

現状、とても幸せです。その反面、まだまだ満足してない部分もあります。

人間ってワガママですよね。
ワガママ言ってられるってことは、生きているってことなんです。

自分もそうだけど、家族が、友人がもっと笑って生きていけるような社会にしたいもんです。
ホント、社会をよくしたいって思います。

最後に。
亡くなられた先輩は、最近関東在住のサークル仲間が集まった時に話題になる先輩でした。
だれも卒業以来会っていないのにw。
優しい先輩でした。亡くなられた人に対してなんですが、羨ましいなって思いました。
ご冥福をお祈りいたします。

コラムカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.