俺は最近、ジンジャーエールに凝っている。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

ますますハードボイルド道を突っ走っているわけだが。

最近暑さにやられないようにハードボイルドに輪をかけるべく、ジンジャーエールを飲んでいる。

ハードボイルドだからもちろん手作りだ。しかし炭酸水だけは購入している。武士の情けだ。
多分レシピ(作り方)を知りたいハードボイルド達も多いと思うが、別に自分で考案したわけではなく、こちらのサイトから拝借した。ありがとうベイビー。

って言ってもすぐに知りたい人もいるだろう。
だから作り方を詳しくハードに(俺流に変えて)書いてみる。

これ、用意できるかい?

  • 生姜 100g
  • 砂糖 80g
  • シナモンスティック 1本
  • クローブ(粉) 適当
  • 蜂蜜 15g
  • 水 200g
  • レモン 3/4個

お前は生姜を擦れるか?

生姜

生姜


生姜をするっていうのはとてもハードボイルドなんだが、これがないと始まらない。ただのエールになってしまう。コツはない。擦るべし。擦りまくれ。ちなみに皮を向くとか無粋なことはやめてくれ。そのままでいい。そのままの君でいてくれ。

レモン以外混ぜろ

擦り上がった生姜と

三温糖

三温糖

シナモン

シナモン

クローブ

クローブ


みたレシピではクローブの実?って書いてたけど、近所にそんなの売ってなかったから、粉で代用。

はちみつ

はちみつ

ブリタ

ブリタ


を混ぜる。
我が家は三温糖を使っている。特に理由はない。
シナモンは何とかわかるが、クローブとか知らんっていう若造、心配するな。
俺もわからん。
蜂蜜は西友で買ってきた。特に高級志向はなし。
水はもちろんブリタだ。少し綺麗になったような錯覚を覚えた水を使っている。

混ざったら弱火で20分

レモン以外煮る

レモン以外煮る


弱火って言うのは火を弱くすることだ。ok。ノープロブレム。
とにかく沸騰しないように気をつけることだ。せっかくの匂いがとんでしまう。
耐えろ耐えるんだ。
たかが20分耐えられないでどうする。5ラウンド終了ぐらいまでは耐えろってことだ。我慢だ。
途中たまに混ぜてあげてくれ。そう、傷口にワセリンを塗ってあげるように。優しく激しく。
ノックアウトまでもうすぐだ。

濾して冷やせ

濾す

濾す


ここまできたらあと少しだ。
20分たったら液体だけ取り出せ。
やり方は自由だ。自由は俺たちが勝ち取った権利だ。負けるな元気。明日に向かって走れ。
走れメロスがずっと海外の小説だと中学生ぐらいまで思っていた。

濾した液体は冷やせ。俺は氷の入ったボールでザクっと冷やす。
傷口をキュッと冷やすように。

レモン、檸檬、れもん

冷やし終わったらここでやっとレモンの登場だ。ぎゅっと絞っていれてやれ。簡単だ。拳をぎゅっと握って絞るんだ。搾り出せ。原料の時の自分をイメージして絞るんだ。
ここの写真はない。俺は入れ忘れたからだ。
ノープロブレム。後で入れればいい。飲む時に足すのでも良い。
そんな小さなことであーだこーだ言うのはハードボイルドじゃないぜ。
あとは瓶などに入れて冷蔵庫にGoだ。

コップに適当に入れて、適当に炭酸水いれて適当にミントとか入れて、ちょっとおしゃれに

ジンジャーエール

ジンジャーエール


飲め。
ビールにいれたりすると、これまた美味いと評価をいただいたぞ。

何事も自分でやってみろ。
そしたら道が開けるぜ。

cookingカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.