【映画】チャイナシンドロームを見たよ

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

今更ながら、チャイナシンドロームを見たんで、僕なりに感想を。
どんな映画なのかは以下を見てみてください。
チャイナ・シンドローム (映画) – Wikipedia

僕的には、特に原発がどうこうと言うよりも人が何を大切にしているか?が問われているような映画だと思いました。

僕らはトレードオフの世界に行きている

今も昔も生活するっていうのは便利と引き換えに何かを失っているのは確かですよね。
お金が欲しかったらそれなりに時間を使って働く。
自分の時間を大切にしたいからフリーターでいいやとか。
ものに関しては今までの時代に無いくらい、満たされている生活を送っています。
あ、先進国だけかもしれんけど。
もう、そんなに欲しいもの無いよね。

結局何かを犠牲にして生きていくんだと思うんですが。
いや、犠牲にするって書き方良くないよね。何を大事にしていくかって考えたほうがいいのかな。

何を犠牲にするか

キレイ事ばかり言っていても、生きて行けないのも現実です。
昨日も働かざるもの食うべからずと子供たちを叱り倒してきたんですが。自分はどうかと言うと。。。
働くことは大事ですね。だからより楽しく働く事を望んでいるはずです。
物よりも心が豊かになりたいもんです。
って言ってもそうでない人も沢山いるんだろうし、結局お金で食料買う事には変わりないんであって。
お金ってなんだろね。

で、何を大切にするか

やっぱり一人で生きて行けないじゃないですか。
で、好きな人と暮らして行きたいじゃないですか。
最近また地域通貨みたいなのをよく見かけるようになったんだけど、結局お金って人と人とをつなぐ物なんですよね。
現状として。

そこに変な価値なんて存在しないんだろうと思うわけです。
価値の分だけもらえば良いし、もらいすぎたら他に還元すればいいんだよって。

そういう広い心をもった大人になりたいと思うわけですが、そう言うと「十分大人だろ」って言われる年齢なんですよね。

報道に関して
最後にちょっとストーリーに関係する事だけど。
報道のあり方って問われていますが、今一番良いのは、あまり報道を見ない事なんじゃないかな?って思うわけです。
ま、見出しだけを流し読みぐらいがちょうど良い。

で、気になった事を友人と話して、「え?そうなん?」とか「そりゃ違うだろ」って所から始めるのがちょうど良いと思ってます。
だって何が真実がわからんしね。

友人って言ったって思想は違うんですよね。特にこの頃は昔からの友人達でも意見の相違が出てくる話題が多いと思うんです。
でもそこでちゃんと意見を言い合ってみて、そんでもって次にまた違う友人とか、新しく出会った人と話をしてみて。
要は受け入れる能力を磨く事が一番なんじゃないかなって思うわけです。

そんなこんなで今日も僕は生きてます。

movieカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.