ジョンレノンの生まれ変わりは世界に何人いるのか?

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

去る12月8日、とある場所にて「うちの子今日誕生日なんだよねー、ジョンレノンの生まれ変わりなんだよ」ってお父さんが言っていました。

適当に聞き流せない僕は、「お前の息子がジョンレノンの生まれ変わりという根拠はなんだろう」と考えたんですが、文脈から推測するに「単に誕生日が、ジョンレノンの命日と一緒」ってだけだと思われます。

僕的には最低でもジョンレノンが死んだ瞬間に産まれたとか、そういう条件を満たしてほしいと思ったんですが、まぁそれはいいとしましょう。お父さんにとったらそれが売りなんだから。

ってことで、じゃあ彼のお父さんの言うところの世の中にジョンレノンの生まれ変わりはどれくらいいるのか?って事を考えてみました。

まずは条件を明確化する

・1980年以降に産まれた、誕生日が12月8日の人
・地球に産まれていること
・男であること

これくらいでよしとするか。

ってことは世界の人口動態を調査する必要があるってことだ。

人口動態について

まず、データは総務省統計局のこちらから拝借した。
現在地球には70億人住んでいる。
ちなみに1980年の世界人口は45億人だ。

ということは、この間産まれた人はザクッと25億人だ。
(なくなられた方がどれくらいいるかは、この際考えない。)

さて、じゃあ25億人の中で12月8日生まれがどれくらいいるか?だが。
ここはさくっと365で割らせてもらう。笑わせてもらうじゃない。割らせてもらう。

するとだいたい68万人が権利を有する事になった

まずは、ジョンレノンの生まれ変わりの権利を得られる第一段階を通過したのは68万人だ。

地球に産まれていること

さて、この68万人、全員地球に産まれているか?、要は地球人かってことだが。
これは地球人ということにしよう。

男であること

実はここは難しい。生まれ変わりの性別が同じかどうか。
僕はジェンダー論に明るくないので、ここは割愛させて欲しい。
少なくともジョンレノンんは男だったってことで、男に限定させて貰う。
上記に習い、思い切って68万人を2で割らせてもらう。
すると34万人だ。

これが、そのお父さんの言うところの「ジョンレノンの生まれ変わり」なわけだ。

しかし僕はやっぱり考えた。

ジョンレノンの生まれ変わりだから、やっぱりなくなられたすぐ後に生まれていて欲しい。
そうなると、彼がなくなったのは1980年なので現在2013年、この間33年。
やはり上記の34万人を33で割らせてもらいたい。(厳密に言うと、正解人口の増加率から考えたらこれで割ったらダメなんだけど。)
そしたら約1万人に生まれ変わりの権利が与えられたわけだ。

ジョンレノンはアメリカ東部時間の23時ごろのなくなられたそうだ。
まぁ、時間は良い。
生まれ変わりの定義を、「亡くなった瞬間に産まれた」と仮定するのであれば、あとは瞬間の定義だ。
瞬間を最低単位の秒としよう。

1時間は3600秒、1日は86400秒。
おっと、こうなるとジョンレノンの生まれ変わりが世の中にいる確立は0.04人になってしまう。

ってことはだ。
ジョンレノンの生まれ変わりは世の中にはほぼいないと推測されるわけだ。

あくまで机の上での話ではあるが。

musicカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.