オリンピック予選雑感

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

相変わらずというか。
終盤になると見ていられないのが日本のサッカーのデフォルトになっていますが。

はて、なんであんな試合ばかり繰り返すんだろうと外で勝ってに思うだけじゃなくて、日本の国民性として考えた時に、やっぱり本番を想定した準備をするっていうのが圧倒的に日本には少ないのかなと思ったわけです。

北朝鮮とか多分練習自体が本番で、練習で死ぬ気でやらなうと云々。

外から勝手に「日本のサッカーはダメだ」と言うより、自分自身に置き換えて見てみると選手を責めるに責められない自分がいるもんですね。

さて、結果的に勝ちましたが。中島翔哉がとにかく頑張ってましたね。
スキルもあるし、走るし。
身長ないけど頑張れるもんです。

南野はやはり期待しすぎたかな。代表戦でスキルの高さを見たことあんなりないんだよな。
クラブチームで輝く人材と、代表で輝く人材ってのは違うのかもしれませんね。

絶対的な法様だったらどこでも輝けるのかもしれないけど。
U-23とかだと、飛び抜けているって言っても、周りもそんなにまだまだ認めていないのかな。
そういう精神的な部分って大きそうだなって勝手に思ったわけです。

中島のようにスキルもあるけどひたむきなとか言うの、日本人好きそうだし。
久保はまぁ頑張ってたかな。鈴木武蔵はもう少しボール収めてほしいな。

浅野が特に好きというわけではないんだけど、あんだけJリーグでうまくいってるのに出れないもんなんだなって少し思った。
ま、手倉森さん、鈴木が好みなんだろうね。

室屋って選手、知らなかったけど良かったな。大学生なんだ。

オリンピック予選にそんなに気合入れて応援したりしてないけど、いい試合を続けてもらいたいもんです。

サッカーカテゴリの最新記事

Subscribe to kasitaku homepage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.